« トラスコ中山の株主総会 | メイン | 奨学金 »

2014年06月16日

軽減税率

政府の税制調査会が行われ、消費税に軽減税率を導入するかどうか、議論されましたが、反対意見が大勢を占めたそうです。そして、ネット上では、それに対する批判的な意見(すなわち軽減税率賛成意見)がほとんどでした。

でも、私は、軽減税率には反対ですね。導入対象の意見としては食料品が多いようですが、これ一つをとっても分類が非常に複雑になります。材料だけか、外食はどうなのか、ファーストフード店の持ち帰りはどうなのか、超贅沢素材はどうかなどなど。そうなると、事業者が煩雑になるだけでなく、ミスによる損得、トラブル、あるいは認識の相違による不正も起こるでしょう。

かつての物品税のような、ぜいたく品に対する課税の復活であれば、まだ理解できますが、遍く消費活動から税を徴収する消費税に複数の税率を持たせることはメリットが少ないと思います。

「低所得者の税負担を軽くするメリットがあるではないか」という意見もあるとは思います。でも、今後、年金生活者等の低所得者が増えていく中、そこからも税を徴収しないのであれば、現役世代の負担はますます大きなものとなり、経済は縮小していくでしょう。薄く、広く、安定的、脱税困難なのが、消費税のメリットです。公平、公正な税制度と言えるでしょう。国家財政や、子や孫の世代のことを考えると、一つの税率による消費税が最善だと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2014年06月16日 19:22 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2187

コメント

コメントしてください




保存しますか?