« 「フルパス」騒動 | メイン | 東京オリンピック »

2013年09月04日

頭金なしのフラット35

国土交通省は2014年4月から、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」で住宅購入額の全てを借りられるようにするそうです。今は9割までしか借りられませんが、頭金なしで住宅を買えるようになります。

消費税が上がると住宅需要が冷え込みかねないため、負担増を和らげて家を買う人を増やすねらいのようですが、これはよくないと思います。理由は、「頭金を用意できない人にローンを組ませてはいけない」と思うからです。きっと、景気が悪くなった時に破たんする人が大量発生するでしょう。

また、フラット35は、本人の信用よりも住宅の質に重きをおいて審査するといわれています。そのため、余計に「危ない人」の審査が通ってしまう可能性が高くなると思うのです。

住宅需要の冷え込みや、それによる景気の悪化は避けてほしいですが、「買えるから買う」ではなく、「最後まで絶対に払いきれるから買う」ととして、住宅ローン破産も避けてほしいものです。

払えなくなって、家を売り払っても、借金が残るケースも多々ありますので。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2013年09月04日 18:54 : 住宅ローンカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2137

コメント

コメントしてください




保存しますか?