« 株価が落ち着きませんね | メイン | トラスコ中山の株主優待 »

2013年06月26日

自己責任論

TVキャスターの辛坊氏がヨットで遭難し、海上自衛隊に救出されましたが、氏がイラク人質事件の際に「自己責任だ」と言っていたことが取り上げられて、「辛坊氏の遭難も自己責任では」と批判されています。

費用を負担すべきだという意見ならまだしも、救出の必要はなかったとまでいう暴論を吐く人もいるようです。

しかし、あの当時と今回を一緒にするのは無理があるでしょう。イラク人質事件の際の大きな問題は、人質と引き換えに自衛隊のイラク撤退という国家の方針の転換を求められており、被害者家族が犯人と同様にそれをヒステリックに求めていたことでした。被害者がイラク戦争に反対の立場だったために、あり得ないとは思いますが、自作自演説も出たほどでした。

また、テロリストに一度屈すると、「日本人は誘拐する価値がある」と捉えられて、在外邦人が狙われやすくもなるでしょう。その意味で、あのときは、自己責任として毅然とした態度が求められるのは仕方ないことでした。

一方、今回は、いわばお金だけの問題です(海自隊員のリスクということも少しはありますが)。困っている国民を政府が救わないということであれば、安心して生活ができません。辛坊氏を「無謀だ」と批判するのはいいと思いますが、救出に関して自己責任の話を持ってくるのは当たらないでしょう。

ただ、日テレ系、障害者のチャレンジと言えば、某偽善番組との関係が気になります。その通りだとしたら、テレビ局は大きな責任を負うべきだと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2013年06月26日 21:55 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2131

コメント

コメントしてください




保存しますか?