« ドクターシーラボの無料サンプル | メイン | 競馬の利益と税金 »

2013年02月05日

住宅ローン減税と税制改正

かつて、会社で給与担当をしていた時に、年末調整の時期によく聞かれた質問がありました。

「住宅ローン減税での還付額が少ないのは、間違いではないか?」

というものです。

ご承知の通り、住宅ローン減税は”減税”ですので、税金を払った額以上に還付されることはありません。年間の所得税額がゼロになるまで還付が行われると、それ以上の支給はありません。

今回の税制改正大綱において、住宅ローン減税の拡大が発表されましたが、給与所得者の場合、最大額が20万円から40万円になってメリットがあるのは、年収700万円程度よりも多い人だけということになります。

ところが今回、控除しきれない額を現金支給することも検討するとされています。

住民税での控除は理解できますが、支給までしてしまうのはいかがなものかと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2013年02月05日 21:26 : 住宅ローンカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2112

コメント

コメントしてください




保存しますか?