« ローン残高が減少 | メイン | イオンカードの超お得キャンペーン »

2012年11月02日

がんばれニッポン

オリンピックの話でも、カズが出ているフットサルのワールドカップの話でもありません。日本の家電メーカーが苦境に立たされています。

ソニー、パナソニック、シャープなど、日本を代表する家電メーカーの業績が軒並み不振となり、三洋に至っては、パナソニックに事実上吸収されてしまいました。

原因の一つが液晶テレビの価格下落と言われています。私も半年ほど前に比較的高性能のソニーの40インチのテレビを買いましたが、6万円もしませんでした。景気が回復しない中、消費者としてはうれしい限りですが、これはまさにデフレスパイラルの典型的な症状に近づいていることもあり、楽観はできないところです。

そして、価格下落の大きな要因が、サムスンをはじめとする韓国・中国・台湾勢の世界的な攻勢だと言われています。

特に、韓国は法人税優遇等、国家を挙げて韓国メーカーを支援し、芸能、観光を通じて韓国ブランドをイメージアップさせる戦略を取っています。

正直、いろいろと問題のある国だとは思いますが、こういうところだけは、日本も見習うべきではないでしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2012年11月02日 22:41 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2096

コメント

コメントしてください




保存しますか?