« 福田萌がFP資格取得 | メイン | モラタメで氷結 »

2012年07月17日

「いじめ」ではない

大津市の中学生のいじめ自殺問題が、連日話題になっています。民事裁判では、加害者側が「いじめではなく遊び」と主張しているようです。

私もいじめではないと思います。でも、遊びと思っているわけではありません。”犯罪”だと思うのです。

シカト、仲間はずれといった類であれば、いじめと言っていいと思います。しかし、今回のケースで聞こえてくるのは、暴行であったり、恐喝であったり、器物損壊であったり、窃盗であったり・・・。これって、いじめではなく、立派な犯罪行為じゃないですか。学校が認識したら、「子供(加害者側)の将来のために・・・」なんて言っているのではなく、警察に突き出すのが本来の姿だと思います。それをしていないのは、隠蔽以外の何ものでもないと思います。

学校をなめた連中にしたら、先生に怒られるのなんて何も怖くないでしょう。しかし、警察に逮捕され、少年院にぶち込まれることを理解すれば、さすがに予防線を張ると思います。殺人の抑止力として、死刑が必要なのと同じように、”校内犯罪”の抑止力としては、いじめから一線を越え、犯罪行為となったところで警察に突き出すことが必要だと思います。

マスコミも”いじめ”だと叩くだけでなく、”犯罪”だと警察の介入を促す世論を作るべきだと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2012年07月17日 23:06 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2084

コメント

コメントしてください




保存しますか?