« 復興支援・住宅エコポイント | メイン | オークションその1 »

2012年05月26日

お金持ちの親族でも生活保護

週刊誌的な話題で恐縮ですが、お笑いタレント次長課長の河本準一の親が生活保護を受けていることが明らかになり、話題を呼んでいます。

本人(母親)は、わかっていて申請しているでのすから、これ自体は許されない行為だと思いますが、個人責めても全く意味がないですね。これを認めている生活保護制度の緩さを責めるべきです。

雑誌の広告だけの情報なので、信憑性は不明ですが、手当がもらえるだけでなく、いろんなものがタダになるので、生活保護世帯は年収400万円程度の生活ができるとか。これが事実なら、みんな努力を放棄してしまうでしょう。

一所懸命勉強して、学力や技術を手に付けても、年収400万円に届かない人は山のようにいます。一方で、本当に保護を受けないといけないわけではない人までが、のんべんだらりと生活保護。腹が立つだけでなく、日本の将来が危ぶまれるとさえ思います。

生活保護は、本当に最後の手段として「もらい得」にならないように、できうる限り現物支給し、就労可能な人には、街のゴミ拾いや公共機関の掃除などの労働をさせるべきだと思います。

話は戻りますが、政治家がお笑いタレントを叩くというのも訳が分からないです。片山議員の言っている内容は正しいのですが・・・

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2012年05月26日 00:16 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2073

コメント

コメントしてください




保存しますか?