« いきなり繰り上げ返済 | メイン | デジタル化で家を広く »

2012年05月07日

住み替えの損得

mkさんから、買い替えは損なのでは?というコメントをいただきました。コメントありがとうございました。

そうですね。結果論で言えば、若干の損になるのではないかと思います。前の家の売却額が未定ですが、購入額との差額(マイナス分)、固定資産税等の負担、ローンの利息、住宅ローン減税(プラス分)、居住用不動産を買換えた場合の、譲渡損失の損益通算及び繰越控除(プラス分)を合算して、住んでいた期間で割り戻せば、前の家のクラスの家賃よりも少し高くなると思います。その意味では、損かもしれません。

しかし、前の家の間取りと採光、通風に不満があり、住みだした当初から住み替え計画のあった我が家にとって、そのまま住み続けることがいい選択とは思っていませんでした。”ニコニコ現金で家を購入!”という野望も持っていたのですが、お金がある程度たまってくると、やっぱり新しい家が欲しくなって来たんですね。

また、今後発生する、前の家の資産価値の目減り、住宅ローン減税の縮小、太陽光発電の売電価格の低下(これはなくなりそうですが)、それにローン金利の低さ、子供が独立までに新しい家に住む期間等を勘案した結果、住み替えに踏み切ることにしました。

つまり、損というものがあるにしても、それは、前の家を購入した頃に発生しているのであって、今の選択は、それに引きずられないように行ったというわけです。株の損きり、経済学でのサンクコストと同じ考え方です。

まあ、不動産相場の大幅な下落があっても、この程度の損で済んでいるのであれば、十年あまり前のマイホーム購入もそれほど大きな失敗ではないと思っているのも事実です。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2012年05月07日 23:54 : 住宅ローンカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2066

コメント

コメントしてください




保存しますか?