« 危険水域 | メイン | オウムの記憶2 »

2011年11月23日

オウムの記憶

オウム事件の裁判がすべて終わりました。このブログのテーマとは全く関係ありませんが、私のオウムに関する記憶をたどってみます。

それまでも、マスコミで批判されるなど、「オウム真理教」というものに接することはあったんでしょうが、私のオウムに関する一番古い記憶は、高校の宗教の時間のことです。神父様が、私たちの大学進学に向け、大学で活動をしている原理運動(統一教会)に対する警鐘を鳴らした後の質疑応答において、級友が「今、話題になっているオウム真理教はどうか?」と神父様に尋ねました。神父様の答えは、「詳しくは知らないが、お金に執着する宗教にろくなものはない」といった内容だったと思います。

次の記憶は、高校卒業したあとの春休みで旅行で訪れた仙台駅前でのこと。いわゆるオウムシスターズが踊っていました。例のゾウみたいな帽子もかぶっていたと思います。変な宗教だなあと思ったことを覚えています。

大学に入ると、原理運動も確かにあり、さまざまな形での活動をしていましたが、オウムのポスターもたくさん貼られていました。私の通った大学はそういったものに関する規制もなく、アイドル研究会のアイドルタレントポスターの横に麻原の写真があるという、異様な状態でした。

ある日、同じ高校・大学の友人の家に行くと、麻原のポスターが貼ってありました。「おもろいやろ?」「大学にあったポスターをこっそり剥がしてきてん。」 そいつの性格をよく知っていたので、面白がっているだけで入信したのではないのはわかっていましたが、知り合ったばかりの友人であれば距離を置いたことでしょう。

そして、大学祭が近づいたある日、大学の石垣に「麻原彰晃尊師大講演会」と書かれた巨大な看板が設置されていました。

(つづく)

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2011年11月23日 01:14 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/2036

コメント

コメントしてください




保存しますか?