« 韓流批判デモ | メイン | 家電の時限爆弾 »

2011年08月12日

更迭役人の退職金

”更迭”される経済産業省の幹部に退職金が上積みされることが話題になっています。経産省によると、「3首脳の退任は勧奨によるもので処分によるものではないため、通常の早期退職と同等の扱いになる」そうで、国家公務員の退職金に関して定める退職手当法で規定する「定年前早期退職」が適用され、退職金は自己都合退職よりも2割前後(1,000万円超)高くなるとのこと。

責任を問われての更迭であれ、本人が懲戒解雇に値するような行為を行ったわけではないですし、更迭はクビではなく、あくまでその職から外すだけのことですから、退職とは分けて考える必要があり、ある意味当然だと思っています。

でも、この国家公務員の早期退職勧奨制度はめちゃめちゃおいしい制度ですよね。50代前半での退職勧奨ならともかく、58歳とか59歳での退職で1,000万円も上積みなんて、民間では考えられないと思います。詳しくは知らないのですが、もっと若い退職なら、もっと上積みされるのでしょうか。

そして、天下り先でも退職金がっぽりですからねぇ・・・

また、この事実上定期異動に過ぎないものを、自分の手柄かのように扱った海江田大臣の責任も問われるべきでしょうね。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2011年08月12日 22:52 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1981

コメント

コメントしてください




保存しますか?