« ニュージーランドの地震 | メイン | 大地震 »

2011年03月05日

ネットと携帯が変えていく社会

インターネットと携帯電話がここ何ヶ月でいろんなことを動かしました。

一番大きな動きは、中東の民主化革命でしょう。フェースブックなどによるコミュニケーションが国民を動かし、いくつもの政府が倒れました。日本には、「この次は中国」と期待する向きもあるようですが、中国が普通の国になったら、手がつけられない状態になることも予想されるので、日本にとっては良し悪しでしょう。

日本の外交に関することでは、政府が隠蔽していた中国人の暴挙を公務員がYoutubeで暴露しました。逮捕され、不起訴になった公務員を擁護する向きも多かったですね。

また、携帯電話の記録が、何十年、それ以上と伏せられていた大相撲の八百長を白日の下にさらしました。スポーツではなく、神事、興行と思えば、別に大したことはない話なのですが、公益法人認定をされていたり、過去に暴露した人が消されていたということもあり、注目を集めました。

そして、目下の話題は、京都大学の入試不正ですよね。入試でのカンニングはあまりないと思いますが、大学に入ってしまったら、カンニングだらけだったという方も多いはず。ネットを使い、大胆にも足のつく方法をとり、しかもそれが京大だったために、逮捕までされてしまいました。同じカンニングでも、三流大学に電子辞書を持ち込んでやっただけなら、逮捕なんてなかったことでしょう。

ネットと携帯が変えていく社会。今後はどこへ向かっていくのでしょう。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2011年03月05日 00:49 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1854

コメント

コメントしてください




保存しますか?