« プレジデント Family 3月号 | メイン | モラタメからサントリーのワイン »

2011年02月04日

年金の救済措置

えらいニュースが出ていましたね。

サラリーマンや公務員の妻である専業主婦らが加入する国民年金の第3号被保険者制度を巡り、夫が会社を退職するなどして資格を失った後も3号のままとなっている加入者について、日本年金機構は、過去2年の未納保険料を納めればそれ以前も支払っていたとみなす措置を決めたそうです。

3号被保険者というのは、認められることで、保険料の負担なしに、年金に加入していられるもので、本来、扶養者である配偶者が会社員や公務員を辞め厚生年金から抜けたり、離婚した場合、自らも3号を脱退し国民年金第1号に加入する届けを提出し、保険料を納めることが必要です。

この手続きが漏れていた場合、保険料を納めていませんから、当然未納期間になり、受給資格の判定や年金額に影響を受けるわけです。国民に広く周知できていなかったために手続きが漏れ、受給資格に影響を受ける人もいるでしょうから、救済措置を取るところまでは理解できます。

ところが、今回の年金機構の方針は、過去2年分の保険料を納めれば、ちゃんと納付し続けてきた人と同じ扱いにするというのですから、驚きです。いかに、対象者が数十万人いるにしても、20年以上にわたり3百万円納め続けた人と、全く納めていない人が同じなんて。

3号被保険者制度そのものも”おいしい”制度で、あまり賛同できないところもあるのですが、この救済措置はひどすぎると思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2011年02月04日 00:08 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1822

コメント

コメントしてください




保存しますか?