« 高速1000円維持へ | メイン | 競走馬ファンド必勝法 »

2010年05月23日

宝くじ発売停止?

迷走、暴走だらけの民主党の政策のうち、評価を受けている数少ないものの一つが事業仕分け。科学技術や文化・スポーツに対する理解に乏しいものもありましたが、どちらかと言えば評価に値するものの方が多いと思います。

そんな中、とんでもない意見が出たものがありました。仕分け人の寺田学衆院議員は「天下りの高額給与の問題、過度に豪華なオフィス、複雑な交付形態、無駄な宣伝広報事業…。これらの問題が解決されるまでは、宝くじの認可権限者である総務大臣は宝くじの発売を認めるべきではない」と結論づけたのです。

庶民の夢を奪うななんて感傷めいたことを言うつもりはありません。宝くじは、競馬などと比べて親の取り分が多いギャンブル。夢を追うなら、宝くじでなくても、totoでも追えますし、競馬で予想と関係なく決まった数字を勝ったりする方がよほど期待値は高くなります。ですから、個人的には宝くじがなくなったって構わないと思っています。

でも、そもそも、この仕分け、おかしくないですか? 指摘されている「無駄」って、税の無駄遣いじゃないですよね。今回の仕分けを行ったことによって、民主党がやっていることは、庶民が喜ぶ「特殊法人や天下り役人たたき」であって、国家国民のための財政の建て直しは二の次であることが白日のもとにさらされてしまいました。

しかも、そこにいたるロジックにも論理の飛躍があります。今回の指摘のように、「無駄があるから、収入を絶て!」と言うのであれば、同じロジックで「税の無駄遣いがあるから、徴税をやめろ!」が成り立ちますよね。商社出身の賢明な寺田議員なら、このあたりのことは気づいているはずだと思うんですが・・・

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2010年05月23日 16:36 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1616

コメント

コメントしてください




保存しますか?