« 節約疲れ | メイン | 外車が安い »

2010年02月22日

消費税と所得税

最近、消費税の増税論議があったり、「子ども手当の財源を所得税増税で」との財務大臣の発言があったりと、税に関する話題が多くなってきました。

所得税増税に関しては、ナンセンスとしか言いようがありません。金持ちから税を取ろうという考えは、私は賛成しませんが、大きく見れば間違いではないかもしれません。しかし、それで安定した税収が将来にわたり保証されるでしょうか。

就労者人口が減少して納税者は減る一方です。また、サラリーマンの定期昇給も期待できない中、高額所得で高額納税をする人も、どんどん減っていきます。すなわち、税率を上げたところで、所得に課税して入る限り、すぐに行き詰るのです。

そんな中、税収を確保しようとすれば、際限のない増税以外に道はないでしょう。しかも、自営業者よりも、サラリーマンの高額所得者ばかりが重税になるのは目に見えています。

場当たり的な所得税増税ではなく、将来に不安を与えない仕組みである、消費税増税の方が本質にあった策だと思います。

所得税に対する「逆進性」の批判もありますが、低所得者層に対する保護は、別の手で行うことも可能ですしね。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2010年02月22日 23:47 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1528

コメント

コメントしてください




保存しますか?