« 学校給食費 | メイン | モラタメでアパガード »

2010年02月01日

子どもの教育費と中学入試

文部科学省の「子どもの学習費調査」の結果が発表されました。公立中学の3年生を持つ家庭が2008年度、学習塾や習い事などに支出した1人当たりの「学校外活動費」は、過去最高の約40万円になった一方、不況の影響で公立幼稚園は前回比20%減、公立小学校は同11%減、公立高校は10%減とそろって減少したそうです。

その一方、中学受験の受験者数は、首都圏では小学6年生の6分の1を超えているとも言われ、不況にも関わらず減少はないそうです。また、小学生の通塾開始年齢の低年齢化も進んでいるとも言われます。結局は2極分化が進んでいるということなのでしょうか。

公教育に信頼があれば、こんなことにはならないはずです。今のままでは、親の格差が教育格差を経て、格差の固定化につながるのは仕方ないと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2010年02月01日 23:52 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1508

コメント

コメントしてください




保存しますか?