« 世論調査 | メイン | 過払い金請求バブル »

2009年10月22日

郵政民営化見直し

郵政民営化が見直しになるようです。実質特殊法人時代に戻るのかもしれません。

4年前の郵政選挙はなんだったんでしょうか。小泉元首相が郵政民営化のみを争点にした選挙で、圧倒的多数の国民が民営化を支持したはずです。そして、その後、民営化効果もあり、サービスレベルも少しは向上したと思います。全国同一水準のサービスもちゃんと維持されています。

「かんぽの宿」問題はありましたが、郵政民営化そのものが否定される世論などどこにもなかったのに、なんとも不思議な話です。

そして、新社長は元役人だそうです。元役人でもなんでも、優秀な人を使うべきだと思いますので、それはかまわないと思うのですが、日銀総裁選びのときにあれだけ財務官僚を否定していた民主党の政権がやることとはとても思えません。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年10月22日 00:02 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1443

コメント

鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせるわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などのアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、コンビニとヤマト運輸と銀行等を利用しよう。
そして、官営郵政を衰退させて、預金が国債の購入に使われないようにしたい。

投稿者 民主党の渡り人事 : 2009年10月22日 19:47

お久しぶりです。
8月の衆議院選挙で、「郵政民営化見直し」を約束した三派連合が勝ったのですから、見直すのが当たり前のように思うのですが。

>4年前の郵政選挙はなんだったんでしょうか

国民が後悔したと解釈すればよいと思います。

投稿者 山下 : 2009年10月22日 23:10

山下さん、お久しぶりです。
おっしゃることはもっともで、それが議会制民主主義だと思います。一応、小さな文字ですがマニフェストにも載ってましたしね。
ただ、郵政選挙の議席数で、国民世論と違うことを行った自民党と同じなんだなという印象は否めませんね。

投稿者 えくす : 2009年10月24日 12:45

コメントしてください




保存しますか?