« 過払い金請求バブル | メイン | ドロップシッピングで集団提訴 »

2009年10月24日

26万円

先日のニュースZEROを見てぶったまげました。

母子加算の復活を伝えるニュースの中で、子供が3人のある母子家庭のことが紹介されていました。どんな理由で働けないのかは伝えられていませんでしたが、生活保護に児童手当等を含めて、現在26万円が支給されているものの、母子加算の廃止で生活が苦しいので復活してほしいとのことでした。お涙頂戴でカップラーメンを食べていましたが、いかにもうそっぽい演出だと思いました。

26万円ですよ、26万円。時給1600円の仕事を1日8時間20日間働いてやっと稼げるお金を、家にいてもらえるなんておかしいと思いませんか。今どき、1600円なんて、正社員でももらえるまで何年働かないといけないんでしょう。

それに母子加算や子ども手当が収入と認められずに上乗せなんてもらったら、30万を超える収入になり、リッチな生活ができるんでしょうね。子供を私立に行かせるなんてこともできそうです。

普通のワーキングプア状態の母子家庭だと、26万円の半額の手取りで生活している人もざらでしょう。昼の仕事に夜のお水系のバイトまでしている人もいるでしょう。その人々がこのニュースを見たら、やってられない気持ちになったと思います。

どんな理由か知りませんが、たとえば病気だとして、こんなにもらっているのならば、治ったときに働こうという気になるでしょうか。私なら、不謹慎でしょうが、病気の振りをし続けます。そのくらい、生活保護が魅力的になっているということです。おかしいと思います。

母子加算に限らず、生活保護に関しては、メスを入れないといけないと思います。本当に必要な世帯が多いとは思いますが、「アニメの殿堂」よりもはるかに無駄になっている部分も多いと思います。ケースワーカーよりも厳しい目を持った「生活状態確認部隊」を作れば、雇用対策にもなり、一石二鳥ではないでしょうか。審査は厳しいと聞きますが、「認定されたらこっちのもの」ということでは、厳しい審査の意味がないと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年10月24日 12:34 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1445

このリストは、次のエントリーを参照しています: 26万円:

» 母子加算 条件 from トレンディ(笑)ニュースダイジェスト
政治あれこれ ... 母子加算 については お金 をあげるというから対象外の人が文句を言うんだと思う。 自分 も文句を言いたくなりますもん。 お金 って... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月25日 05:14

コメント

生活保護で26万て・・・私の手取り、恥ずかしくて誰にも言えないorz
(それでも一家4人、十分満足に暮らしてますけどね。)

投稿者 うか : 2009年10月26日 21:31

>うかさん

ですよね。本当に必要な人、必要な額を見極めないといけないと思います。

投稿者 えくす : 2009年10月27日 00:38

コメントしてください




保存しますか?