« ジョインベスト証券が野村と合併へ | メイン | 行楽の秋はUSJ »

2009年09月28日

モラトリアム

亀井金融大臣が中小企業への融資や個人の住宅ローンの元本の支払いを一時的に猶予する制度を導入しようとしています。

結論から言えば、とんでもない話だと思います。そもそも、民間の金融機関と企業や個人との契約に政府が干渉すること自体がおかしな話ですし、銀行の資金繰りが苦しくなってつけを払わされるのは、一般の国民でしょう。

それに、こんなことが行われる恐れがあるとなると、銀行は中小・零細企業への融資の審査を極端に厳しくするのではないでしょうか。この施策で助けられる人はいるでしょうが、結果的に、その場しのぎとしかならず、将来的には誰も喜ばないことになると思います。

また、住宅ローンについて言えば、今返済できない人の多くは、景気がよくなっても返済できないでしょう。景気と金利は連動していますからね。厳しいようですが、身の程に合わないローンを組んでしまったことが間違いだと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年09月28日 22:22 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1432

コメント

コメントしてください




保存しますか?