« スタバではグランデを買え | メイン | 政権交代へ »

2009年07月12日

キッズ車両

与党の女性議員が、通勤電車にベビーカー等のまま乗ることのできる専用車両「キッズ車両」を新たに設置することを求め、金子国土交通大臣に緊急要請を行ったそうです。

与党とは思えないあまりに馬鹿げた考えで、国会議員もここまで落ちたかと愕然としました。

詳しくは、小池百合子議員のサイトを見ていただくとして、要請内容は、次のとおりです。

○現在の「女性専用車両」とは別に、路線ごとに、親子や妊婦のための専用車両(「キッズ車両」)を設置する。
○「キッズ車両」は、各路線の混雑時に限定して導入する。
○「キッズ車両」は、ベビーカーを扱いやすくできるよう工夫する。
○「キッズ車両」は、高齢者、障害者、けが人など手助けを必要とする人も乗車できるようにする。
○新幹線など長時間・長距離の場合にも、「キッズ車両」を使用する。

理念は悪くないと思います。しかし、現実問題として、企業内や都心の託児施設がどれだけあり、どれだけの親がそれを利用しているのでしょうか。女性専用車以外にさらにガラガラの車両を作って、その他の車両が混雑することによる諸問題はどうなるのでしょうか。

多くの人を犠牲にするのではなく、1時間早く行動してラッシュ前に通勤する自助努力とか、逆にラッシュ後に時差出勤できるような制度の導入を企業に求める方が先ではないでしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年07月12日 00:09 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1392

コメント

コメントしてください




保存しますか?