« 夏休みの旅行計画 | メイン | キッズ車両 »

2009年07月11日

スタバではグランデを買え

世の中のいろんなものの価格はどう決定するのか、いろんな価格がある中で消費者は一番安い価格以外でも購入するのはなぜかなど、ものの値段を鍵に経済をわかりやすく解説する本が「スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学」です。

いろんな角度からの鋭い考察があり、価格については詳しいつもりの私にも勉強になりました。高く買ってくれる人には高く、安くしなければ買わない人には安く売るという「価格差別」の考え方や、手間、知識、時間に、心理的負担までを含めた「取引コスト」が人の行動を決定するというあたりの解説は、生活に役立つものだと思います。

また、児童医療の無料化のメリットを享受するのは高所得者層であり、実は低所得者層にとって、総合的なコストを高めているというというところは目から鱗でした。

なお、スタバでは、グランデ(ビッグサイズ)を買うと、顧客はおトク感を感じられ、店は利益率を高められるそうです。そのからくりを知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。読めば至極簡単なことなんですが。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年07月11日 00:15 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1391

コメント

東京都のように、所得制限なしなら、幼児医療費の無料制度は高額所得者を利するばかりですね。
一方、我が兵庫県では、制度としては大阪府よりは充実しているのですが、所得制限が厳しくなりました。転職失敗貧乏人&赤字個人事業主のJOEには関係ないですが、大卒で普通に出世している人は、対象外になるケースが増えます。

投稿者 JOE(旧techan) : 2009年07月14日 12:12

今まで、えくすさんのご紹介してくださった本を何度か購入して読ませてもらっています。

私も書店に行って、このようなビジネス書を探しているのですが、えくすさんほど良い本は見つけられません。

えくすさんはどのようにして本を探しているのでしょうか?
ご教授いただけたら幸いです。

投稿者 しん : 2009年07月15日 00:27

>JOEさん

児童医療費の件は、JOEさん指摘のようなことに加え、無料化することにより小児科が混雑するので、待ち時間という取引コストの負担が発生し、高所得者層(≒専業主婦家庭)では問題ないものの、低所得者層(≒共働き)の収入がより減少するというような話でした。

これに限らず、タダにすると無駄がどうしても発生するので、老人医療費、公営バスの敬老乗車証、救急車、いずれも有料にすべきだと思っています。

>しんさん

ありがとうございます。なんだか、うれしいですね。でも、大した工夫はしていません。アマゾンなどのランキングおよびレビューを参考にするのと、書店でパラパラとめくって、面白そうか目星をつけているだけです。もしかしたら、書店の人の目利きがいいのかも。これじゃ、お役に立てそうにありませんね。すいません。

投稿者 えくす : 2009年07月15日 23:27

コメントしてください




保存しますか?