« 住宅ローンの「6月危機」 | メイン | Edy番号の入力ミス »

2009年06月24日

国会議員の世襲問題

国会議員が引退するときに自分の子供などにあとを継がせる、いわゆる「世襲問題」で、民主党はマニュフェストに記載し、自民党はこれを見送るようです。

それぞれの党の正式な見解はともかく、自民党の制限反対派の意見、例えば「自分はいいけど次の世代からはダメだというのは筋が通らない」とか、「議員の子に生まれただけで職業が制限されるのは問題だ」、「選挙民をバカにしている」といった意見はまさに正論だと思います。

国民にとって求められるのは、有能な政治家であるはずで、それが2世であろうがなかろうが関係ありません。その意味で、立候補制限という制度に頼るのではなく、2世でなくても政党の公認が得られる仕組み(党内の事前投票等)や、名前を知っているからで投票するのではなく、無能な2世候補は落選させる国民の目が必要になってくるのではないでしょうか。

麻生首相や、福田前首相、安倍元首相が「2世、3世だからダメだ」などと言われがちですが、本当にダメなのは、選挙区では強いのに、中央で存在感のない2世議員だと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年06月24日 22:54 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1380

コメント

コメントしてください




保存しますか?