« レーシック手術から2年 | メイン | 肥満と負債 »

2009年05月09日

新型インフルエンザ騒動

世界的に拡大を続けている新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)ですが、幸いにも日本国内での感染はまだ確認されていないようです。この新型インフルエンザについて、日本の一般市民やマスコミが騒ぎすぎだと感じているのは私だけではないと思います。

強毒性の鳥インフルエンザの対策をそのまま適用しているから、こんなことになっているのではないかと思いますが、今回の新型インフルエンザの危険度合いは季節性のインフルエンザと大して変わらず、タミフルやリレンザが効くのですから、こんなに騒がなくても、「Aソ連型」と同様に「Aメキシコ型」という扱いでいいのではないでしょうか。

今回私もはじめて知ったのですが、インフルエンザやそれによる肺炎等により死亡する人が国内で年間1万人もいるそうですから、今回の騒動は騒ぎすぎだと思います。警戒するに越したことはないとは思いますが、そうであれば、普段の流行時期にももっと警戒してしかるべきでしょう。

ただ、怖いのは変異により、新型インフルエンザが強毒性になること。そのときに備えたトレーニングとしては、今回の騒動も悪くないのかもしれません。でも、BSE騒動のように、そのころには逆に警戒レベルが下がっているような・・・

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年05月09日 00:29 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1347

コメント

> ただ、怖いのは変異により、新型インフルエンザが強毒性になること。

そうなんですよねぇ。
スペイン風邪のときも第三波が一番強烈だったそうですし、この点をもうちょっと強調してもいいんじゃないかと思います。>マスコミ

一企業の新型インフルエンザ担当としては、今回の件で非常時の勤務体制やらなんやらを真剣に検討するきっかけになったので、それはそれで良かったかなと思ってます。鳥が発生したときにそのまま適用できますしね。

投稿者 うか : 2009年05月09日 06:49

スペイン風邪の話、初めて知りました。参考になります。

うちの会社でも、非常時の勤務体制の検討をしましたよ。「ま、一応ね」って感じでしたが。(笑)
感染防止に、「SARSのときのマスクを使おう」ってことになったらしいです。

いろいろと対応を考える上では、いきなり強烈なものがくることを思えば、よかったんでしょうが、
マスコミの対応がどうもという感じがします。

ついに、国内での感染も確認されたようですね。この先、どうなることやら。

投稿者 えくす : 2009年05月09日 12:21

コメントしてください




保存しますか?