« 定額給付金申請書 | メイン | SMAPの草なぎ剛逮捕 »

2009年04月21日

漢検の検定料

日本漢字検定協会の「漢字検定(漢検)」の前理事長親子による、協会の儲けすぎや公私混同が問題になっています。その中で、漢検の検定料が「高すぎる」として批判されています。本当にそうでしょうか。

all aboutの記事で、「漢検1級5,000円は高い?受験料徹底比較!」というのがありました。

それをいろいろと見ていると、そう高くはないような気がしてきました。漢検の検定料は、小学校1年レベルの10級の1,500円から1級の5,000円まで級により異なっていますが、漢検のネームバリューを考えると、安い部類に入ると思います。

検定料を払って受検する人は、検定のコストだけでなく、その価値などを総合的に判断して支払っていると思いますので、その意味では決して高すぎないと思います。私も本人が望んだので、子供に漢検10級を受検させましたが、コストはもちろん、資格の価値についても何も考えませんでした。でも、子供のモチベーション向上に役立てば、1,500円では安いと思いました。

ただ、日本漢字検定協会は、儲けを出してはいけない公益法人とされていることから、不透明取引をやめることで、値下げが可能なのも事実だと思います。

ふと、私の持つAFP資格の現在の検定料はいくらかと調べてみると、8,700円(学科4,200円・実技4,500円)とのことでした。FPの中では下位の資格ながら、漢検よりも高いです。会社の費用で取得した、○○設計技士という資格にいたっては、25,000円もしました。これもある財団法人が運営する資格ですが、儲けすぎです。

なお、文部科学省は、6月の漢検を中止させる意向を持っているそうですが、受検に受けて勉強している人たち、特に小中学生の気持ちをまるで考えていないと思います。

「大久保を憎んで、漢検を憎まず」で、中止させないことを切に望みます。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2009年04月21日 23:58 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1334

コメント

コメントしてください




保存しますか?