« マクドナルドでコーヒー無料券 | メイン | 主婦のクレジットカード »

2008年10月24日

バーゲンセール

また、株価が下がっていますね。

パナソニックも、ソニーも、トヨタもみんなPBR(純資産倍率)1倍割れです。すぐに解散して、株主に資産を分配してもらった方が株主のためになるというとんでもない状態です。

PER(株価収益率)も上記3社ではパナソニックがかろうじて10倍以上になっている程度で、主要企業の多くも10倍割れになっています。

かつては、PBR1.5倍とか、PER20倍とかでスクリーニングして、バリュー株を探すことも出来ましたが、今では、PBR0.5倍、PER5倍でも、驚くほどの数の企業が引っかかってきます。

景気悪化で利益が減ることが予想されるとはいえ、やはり今の株価は安いと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年10月24日 09:00 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1224

コメント

ただ、株価と地価が下がっていいこともありますよね。最近少々下火になった「格差問題」の立場からすれば、これは資産面での格差が縮小していることを意味します。

総務省統計局のHPをみたら、本当にきれいにでていて関心してしまいました。バブル崩壊とともに、毎年資産面の格差のジニ係数が下がり、小泉政権末期にちょっとあがっています。

これだけ株価と地価がサブプライムの関係でさらに下がれば、資産面での貧富の格差がさらに大幅に縮小することが期待できます。

いやあ、資産がなくて年金収入だけでくらしているものからすると、「神よ、さらに株と地価を下げ、富めるものを苦しめたまえ」と言いたくなります。少なくとも株価と地価の下落のニュースを見るととても幸せです。

投稿者 山下 : 2008年10月27日 23:12

株価下落=不況は、格差拡大の要素になりえると思います。
資産価値は、一時的にはおっしゃるとおり縮小しますが、
不況による企業業績の悪化のしわ寄せは、必ず弱いところに向かいます。
いくら大企業の業績が悪化したところで、大企業の社員はボーナスが減るだけ。
一方中小企業や、自営業では立ち行かなくなってしまう恐れもあります。
数年後の格差はますます拡大するでしょう。

投稿者 えくす : 2008年10月30日 00:55

いえいえ、私はフローの格差ではなく、ストック(資産)の格差についていっているだけです。

それから、先にも書きました「資産がなくて年金収入だけでくらしているもの」からすると景気の悪化は、
「そんなの関係ねえ、オッパッピィ」ってところですね。物価下落分だけ年金がマイナス改定になるだけのことですから。

文字通り、もっとどんどん下がればいいのに、とおもいます。ニュースが楽しいですよ。私には、これまで年収3000万円で毎晩銀座でドンぺりを飲んでいたと、NHKのインタビューで答えていたリーマン出身者の失業者には一片の同情もないです。ああいう失業者がたくさんでるといいなあ。

投稿者 山下 : 2008年10月30日 06:54

コメントしてください




保存しますか?