« 巨人のせいで株価暴落? | メイン | マクドナルドでコーヒー無料券 »

2008年10月18日

「園児の畑を大阪府が強制収用」

こんなニュースが話題になっています。

第二京阪道路(京都市伏見区-大阪府門真市)の建設予定地に位置する北巣本保育園(門真市)の野菜畑を撤去する大阪府の行政代執行が16日早朝から始まった。保育園側は2週間後に近くの保育園と合同でこの野菜畑を使ったイモ掘り行事を控えており、職員ら約50人が「子供たちの野菜を奪わないで」と反対の声をあげたが、府は代執行を強行。園児らが育てた野菜を刈り取り、敷地の立ち入り禁止措置を取った。
(Yahoo!ニュースより)

いやなニュースですね。子供たちがかわいそうです。でも、矛先は、大阪府ではなく、保育園の経営者に対して向けたいと思います。

そもそも、この場所が道路建設予定地であることはずいぶん前からわかっていたことですし、今年の3月に立ち退きが決まっていました。「園児の畑を大阪府が強制収用」は、反対側から見れば、「強制収用予定地を園児の畑に利用」しただけのことなのです。立ち退き決定後に芋を植えて、子供を人質にとったとも言えます。

しかも、通告があっても芋ほりを行わず、「園児の畑を府が強制収用、園児が涙の抗議」というシーンを演出したあたりなんかは、確信犯的なものを感じます。

道路建設に反対することや、自分の土地を高く買ってもらうための取引をすることは自由だと思いますが、そのために子供を利用するのは、子供がかわいそうです。

ちなみに、この保育園と畑、隣接しているわけではありません。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年10月18日 00:04 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1221

コメント

コメントしてください




保存しますか?