« ベネッセからの図書カードが到着 | メイン | USJ年間パスポートが今年も安い »

2008年09月25日

ジャパンマネー再び

リーマンブラザーズの破綻に代表されるアメリカの金融不安において、日本の金融機関の姿が目立っています。

まず、そのリーマンのアジア、欧州、中東部門を野村ホールディングスが買収したほか、モルガンスタンレーに対して、三菱UFJフィナンシャルグループが最大20%の出資を行い、筆頭株主に躍り出ようとしています。また、今回は見送りになりましたが、ゴールドマン・サックスに対し、三井住友フィナンシャルグループが出資するとも報じられていました。

さらに、別ジャンルですが、アメリカの自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM) が国内トラック大手のいすゞ自動車に対し、商用トラック事業の売却を非公式に打診していたことが報じられています。

かつて、日本の大手企業がアメリカの会社や不動産を買い捲っていた時期は、いかにもお金がありそうでしたが、今回の買収劇は、ちょっと意外でしたね。

それより、国内の景気回復を願いたいものですが。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年09月25日 23:56 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1210

コメント

コメントしてください




保存しますか?