« 株主優待 | メイン | オリンピック観戦ツアー »

2008年08月11日

株主優待2

何日か前の毎日新聞に株主優待を廃止する企業が増えているとの記事が載っていました。株主構成の変化がその理由のひとつとかで、優待よりも増配への流れがあるようです。個人株主にはうれしい優待も、法人や外国人にとっては、利益を減らすもののひとつにしか見えないでしょうからね。

先日、「優待をくれるよりも配当を増やしてほしい」と書きましたが、同じようなことを考える人が、やはり多いということでしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年08月11日 23:27 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1182

コメント

アンケート調査によると、個人投資家に限れば、中高年の男性は配当>優待で、女性は優待>配当という方が多いそうです。一方で、JALの場合、3円配当が復活するよりも、特別優待がもらえるほうが得だという意見があったりとか、一概にどちらがいいともいえない面があります。

優待が好きな人は優待銘柄を買えばいいし、優待が嫌いな人は非優待銘柄を買えばいいだけのことだと個人的には思っています。ただこの場合、優待が嫌いで非優待銘柄を買ったのに優待が新設されたという場合は、確かに不幸ではあります。(優待が好きで優待銘柄を買ったのに廃止されたというのも不幸ですが。)

投稿者 techan : 2008年08月12日 09:19

こんにちは。専門家ならではのコメントありがとうございます。

私も、優待は嫌いじゃないです。カッパクリエイトとか、イマージュホールディングスとか、ジーンズメイトなど、明らかに優待目当ての銘柄も保有しています。これらは、自社の割引券や、自社製品なので、優待利回りもいいですし。優待廃止したら、即効売りです。

一方で、キャッシュアウトして、わざわざ他社の品物を買ってきて、送料をかけて送ってくるような優待だと、50銭でも配当を増やしてもらった方がうれしいです。

優待だけが魅力の銘柄ならともかく、普通の銘柄の場合、優待は多くのファクターの一つに過ぎないので、優待が好きとか、嫌いとかだけでは、判断すべきではないと考えています。

投稿者 えくす : 2008年08月12日 22:53

外食等で自社商品が株主優待というのは、コスト的にはベストなのですが、自社商品が提供できない企業の場合、地元特産品というのは悪い選択ではないです。
特に、地方に本社がある企業は、地元との共存を求められることから、株主優待用に地元の特産品を購入するというのは、会社が自治会費を払っているのに近い、悪くない行為です。
個人的には、クオカードやおこめ券を贈呈しているのが、株主への利益還元の方法としては一番良くないと思っています。

投稿者 techan : 2008年08月14日 14:53

コメントしてください




保存しますか?