« いす2 | メイン | ブログ通信簿 »

2008年07月22日

救急車の有料化論議

最近に限った話でもないと思うのですが、軽症者の救急車利用を抑制するために、救急車の有料化が議論されています。先日のテレビ番組の中でもアンケート調査が行われており、その結果は、約8割の圧倒的多数が有料化を支持していました。

私も、有料化に大賛成、少なくとも近所の病院へタクシーで行くよりも高い金額(1万円とか)を取るべしだと考えています。救急車を利用することで、早く、適切な病院へ運んでもらい、最優先で診察してもらえるという大きなメリットがありますので、ある程度の負担はやむをえないと思います。

有料化のデメリットとして、「貧しい人が救急車を利用できない」などと言われていましたが、そもそも、救急車で運ばれた先で、入院なり、手術なりしたら、結構な金額がかかるのですから、それが本当に払えないのであれば、救急車だけ無料でも同じこと。実際にはほとんどデメリットではないと思います。

そして、有料化のメリットは、必要ないのに救急車を利用する人のために救急車が出払ってしまい、本当に救急車が必要な人が利用できなくなる事態に陥らないこと。命が何より大事であることを考えると、これは非常に大きいと思います。

救急車に限らず、なんでも、公費負担でタダにしてしまうと、必要かどうかを考えずに利用してしまう人が出てくるので、少額でいいのである程度の負担は求めたほうがいいと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年07月22日 00:00 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1172

コメント

コメントしてください




保存しますか?