« ハンバーガー無料券プレゼント | メイン | タバコが1箱1,000円に? »

2008年07月02日

銀聯カード

中国には10億以上の人口を抱えています。そして、ご承知のとおり、「共産主義」とは名ばかりの激しい格差社会です。中国に、大金持ちが1%いるとすると、1000万人もいるということですから、これは大変なことで、世界のお金持ちにかかわるビジネスの様相を変えてしまうほどの影響力があります。

海外旅行関係もそうでしょう。最近、いたるところで中国人団体を見かけるように思います。その影響もあり、ブランドショップや電器店などで、「銀聯カード使えます」と中国語で書いた表示が目立ってきました。銀聯カードとは、日本でいうなら全銀協のように中国内の銀行がネットワークを組んで運営しているカードで、クレジットカードではなくデビットカードだそうです。

その発行枚数たるや10億枚を超えているというから、ものすごいです。中国では現金の持ち出しに制限があることから、お金持ちが海外でお金を使いまくるには必須アイテムになっているようです。

うらやましいと思う一方、使いまくるお金があれば、四川省の地震の義援金に回せばいいのにと思うのは、私だけではないと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年07月02日 00:07 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1160

コメント

コメントしてください




保存しますか?