« 入学式 | メイン | インド企業が東証上場へ »

2008年04月15日

入学金

入学ネタをもう一つ。千葉県の公立高校で入学金を納めなかった生徒が、入学式への参加を認められず、教室で待機させられたと報じられていました。ニュースは、学校が悪いようなスタンスに立って報じられていましたが、どうでしょうね。経済的に困窮している場合には相談に乗る旨の説明はされていたとのことですから、本当に困っているというよりも、給食費を払わない親の延長のような気がします。

今回の場合は、公立高校ですから、入学金も9万円と大したことない水準ですが、大学となれば、入学金だけで20~30万円、授業料を合わせた初年度納付金は、100~150万円となりますから、いきなり払えと言われても払えない世帯が続出するのは仕方ないと思います。

とはいえ、幸いにも(?)子供が18歳になれば、大学に入学する可能性が高いのは、赤ちゃんが産まれたときから分かりきっていることですから、長期にわたる積立などで、教育資金を確保しておきたいものです。

教育資金の積立というと、学資保険がすぐに候補に挙がるでしょうが、このほか、個人向け国債や、ネット銀行の定期預金、財形貯蓄も候補に入れていいと思います。

「うちの子は、国公立大学に入ってくれるから、関係ないわ」とお思いの方、最近は、国公立大学も、入学金、授業料が高くなってきていますから、国公立大学への入学=親孝行とは言い切れないので、念のため。(お金以外の意味では、かなり親孝行だと思いますが)

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年04月15日 00:06 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1107

コメント

ちょっと前までは、積立額よりももらえる額の方が少ない不利な学資保険が多かったですが、最近はソニー生命等から有利な学資保険も出ているので、検討の余地もありですね。
我が家でも、数ヶ月前から、「元本割れしない学資保険」の積立を行っています。

投稿者 techan : 2008年04月16日 06:55

やっぱり、ノーマルなのは学資保険でしょうね。
うちでは、養老保険と、財形年金を利用しています。ともに、必要に応じて解約するつもりです。

投稿者 えくす : 2008年04月17日 00:18

コメントしてください




保存しますか?