« 住宅ローンの繰上げ返済をしました | メイン | 危険運転致死傷罪 »

2008年01月09日

日本株の下落

報道によると、アメリカの格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による世界52カ国・地域の主要株価の年間騰落率を比較した調査で、日本は昨年6.55%の下落となり、下から2番目の51位だったそうです。上位は、予想通り新興国が占めました。7割程度の上昇だったとのこと。

世界平均が9.57%の上昇、昨年の株安の根源の一つのアメリカでさえ4.02%の上昇、下落したのはわずか5カ国とのことですから、日本株のひどさが際立ちます。

しかし、景況感はいまいちとはいえ、ファンダメンタルズ的には、個々の企業収益がそれほどひどい状態になっているわけでもありません。株価下落の影響で、配当利回りも国債の利回りを超えてきています。

長期的視点に立てば、日本株は買いかも知れません。あくまで長期的視点に立てばの話ではありますが・・・

いずれにせよ、地域と時間の分散投資が、投資の王道であることは間違いありません。私は、投資信託を活用することで、資産に占める分散投資の割合を少しずつ拡大していこうと考えています。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2008年01月09日 00:05 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/1036

コメント

コメントしてください




保存しますか?