« 節約レシピが本に | メイン | アフィリエイトの通信教育 »

2007年11月01日

赤福と「食の安全」

伊勢の名物「赤福餅」についで、「御福餅」でも製造日の偽装が明らかになりました。赤福も御福も売れなくなってしまっては、伊勢の観光業界は大きな打撃を受けていることでしょう。

今回、食品衛生法に違反するとのことで、営業停止などの処分がされていますが、「赤福を食べておなかを壊した」「赤福を食べて嘔吐した」などの情報は全く報道されていません。マスコミは1件でもあれば大騒ぎするでしょうから、おそらく1件もないのでしょう。実は、安全面については、全く問題がないようです。

そもそも、食中毒になったにしても、嘔吐、下痢、腹痛程度で終わるのがほとんどです。統計によると、細菌性食中毒での死亡者数というのは、年間2桁になれば多い方で、5名に満たない年が多いようです。

参考:明治製菓 食中毒についてのページ

前にも1度書いたのですが、「食の安全」というのは、他の安全(自動車とかスポーツとか)に比べて、異常に重く扱われているように思います。安全に越したことはないのですが、少しでも問題があると、毒を飲まされているかのような報道姿勢には、疑問を感じざるを得ません。

赤福の一件にしても、リパックした商品や、作り直した商品を実際に食べて問題ないわけですから、「謹製」の表現にこだわらずに、かなり先の賞味期限、消費期限を書いておけば問題にならなかったわけです。そうすれば、売れ残っても、リパックも作り直しも必要がなかったのですから。極論すれば、問題なく食べられるものをどんどん捨ててしまう方が、「もったいない」とさえ考えられます。

何事もうそはいけません。赤福も、御福も許されません。 しかし、今回問うべきは、安全性そのものではなく、企業倫理といえるのではないでしょうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年11月01日 00:04 : 雑感カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/988

コメント

偽装は、安全性にはあまり
というご意見なのかもしれませんが、偽装をしている時点で「他は本当に大丈夫なの」「使っている材料は本当に問題がないの」「どの程度まで法令を無視しているの」という疑問が生じますし、安全性にたいしての信頼はおけなくなると思います。

投稿者 めこ : 2007年11月16日 12:54

はじめまして、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。だからこそ、嘘をつく、倫理のない企業は、食品に限らず、すべての事柄において信用できなくなると思います。

ただ、マスコミが安全性について論じるのであれば、「じゃあ日付は書き換えていないけど、賞味期限4ヶ月とか半年とかのお土産物って本当に大丈夫なの?」といった疑問もあってしかるべきだと思いました。

同様のことは、耐震偽装の話でもそうで、「姉歯物件が現在の耐震基準を満たさず危険だ!」と明日にでもつぶれそうに大騒ぎしていましたが、世の中には耐震基準を満たさない物件だらけです(古い建物のことです)。だから阪神大震災でビルがバタバタ倒れてしまったんです。ですが、そういった視点からの報道はされないですよね。

ですから、私の言いたいことは、安全性を論じるのであれば、「赤福」や偽装だけでなく、他の視点からも論じるべきで不十分。むしろ、企業倫理の問題として、食品だけでなく、他の業界にも目を向けてはどうかということです。

投稿者 えくす : 2007年11月17日 03:58

コメントしてください




保存しますか?