« 車の中のポイントカード | メイン | 転職で収入は増えるか »

2007年09月19日

飲酒運転の罰金引き上げ

今日から飲酒運転の罰金の最高額が50万円から100万円に、酒気帯び運転の罰金の最高額が30万円から50万円に引上げられました。する予定のない私は、大賛成です。

交通違反をした場合に徴収されるお金には反則金と罰金の2種類があります。反則金は、30km/h未満のスピード違反や駐車違反など、比較的軽微な交通違反について、一定期間内に所定の反則金を納付することで、犯した交通違反に対する裁判を受けずにすむもので、罰金はその逆、つまり、裁判を受けて決定するものです。

私は、一度だけスピード違反の反則金を食らったことがありますが、罰金を払う羽目になったことはありません。

今回の飲酒運転の反則金の引上げも、飲酒、酒気帯び運転という、「ついうっかり」ではありえない、性質が悪い人を対象にしたものですから、概ね受け入れられるのではないでしょうか。

福岡市職員による飲酒ひき逃げ事件直後の一連の「飲酒運転バッシングブーム」の時には、「酒気帯び運転でも、懲戒解雇すべし」などとの論調が多くありましたが、プライベートはプライベートで処分(罰金、免許取り消し等)し、仕事・雇用とは切り離すべきだと考えています。職場に隠せばわからないものですし。

逆に、悲劇的なニュースがあったからと一時的に叩くのではなく、常に目を光らせ、誰にも飲酒運転させない社会を作ることが大事だと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年09月19日 23:30 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/948

コメント

コメントしてください




保存しますか?