« 100円充電器買いました | メイン | どこから保険に加入したか »

2007年08月12日

郵貯の民営化

今年の10月から郵政3事業(郵便、貯金、簡易保険)が民営化されるのですが、PR不足なのか、あまり知られていないようです。

郵便貯金は、ゆうちょ銀行に引き継がれます。何も手続きすることなく、残高が移行するのですが、貯金の種類によって移行先は異なります。通常貯金等はゆうちょ銀行へ、定期性の貯金は「郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に移管されます。

定期性の貯金は「郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に移管されても、郵便局の窓口やATMで普通に扱ってもらえますが、満期時に自動継続にはなりません。一旦引き出して、ゆうちょ銀行の定期貯金などに預けなおす必要があります。

また、国際ボランティア貯金や住宅積立郵便貯金など、廃止される商品もいくつかあります。

このほか、合計1000万円の限度額、通帳やキャッシュカード、ホームサービス(ネットバンキング)等、ほとんどのサービスについては、民営化前後で大きな変更はありません。

詳しくは、ゆうちょのホームページをごらんください。

それにしても、郵政民営化法改正案(またの名を郵政民営化凍結法案)を参議院に提出した民主党は何を考えているのでしょうか。郵政民営化は、それを争点にした衆議院選挙で国民が支持したはず。もちろん、それだけが争点だったわけではありませんが。

あれだけ大敗しても目覚めない自民党も、勝ったからといって勘違いしてしまう民主党も、ともに困ったものです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年08月12日 00:06 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/919

コメント

コメントしてください




保存しますか?