« 国民総背番号制 | メイン | 自民党は負けるのか?株価は下がるのか? »

2007年07月18日

時間もコスト、場所もコスト

節約に取り組んでいると、ついつい「時間かかるけど、節約のために○○しよう」「もったいないから、念のために置いておこう」と考えて行動することがあります。前者の例としては、少しでも安いものを買うために、遠くのスーパーに出かけていくことがそうでしょうし、後者の例としては、スーパーのレジ袋を山ほど置いておくことや、健康器具など誰も使わなくなったものを大事においておくことがそうでしょう。

しかし、これらは逆に無駄と言えます。時間や場所もコストの観点で考えないといけないからです。例えば、月給32万円の人なら、時給は2,000円。その人が30分余計に時間をかけることは、1,000円の無駄遣いと考えることもできます。現金で1,000円失うわけでもないですし、1,000円稼ぐチャンスを失うわけでもありませんが、貴重なリラックスや家族団らん、娯楽などの時間が減るのは非常にもったいないです。主婦の方でごろごろする時間が減るのなら悪くないと思いますが、普段「忙しい!」と思っているなら、やはり同様にもったいないと思います。

また、場所も同じです。無駄なものが家の面積の5%を占めているなら、家の価値を5%落としているようなもの。3,000万円の家なら、150万円を無駄にしているといえます。また、無駄なものが多いと、必要なものを探す時間も無駄にすることになります。

何事にもバランスが大事ですので、一概に基準は決められませんが、「時間がもったいないから、買おう」「場所がもったいないから、捨てよう」という選択肢も念頭においておく必要があるでしょう。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年07月18日 00:01 : 節約・お得カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/889

コメント

コメントしてください




保存しますか?