« アリコのリターンズと貯蓄 | メイン | 住宅市場動向調査 »

2007年07月02日

競馬ファンドと新馬勝ち

先日、競走馬タイキシャトルやタイキブリザードで有名な大樹ファームと大樹レーシングクラブに農林水産省から業務改善命令があったというニュースが報じられていました。法令違反があったことが原因ですが、いわゆる「商品ファンド法」がその法律。競走馬をJRAなどのレースに出走させ、そこで得た賞金のうち馬主への部分を投資家に還元する仕組みで、ニュースでは「競馬ファンド」と報じられていましたが、「一口馬主」という名称が一般的でしょう。

私は、一口馬主に12年くらい前から、合計20頭程度に出資してきました。しかし、儲かったこと、一度もありません。ほとんどの金融商品で利益を出していますが、連戦連敗を続けている唯一の金融商品です。でも、いいんです。これで儲けようとは思っていません。夢を見させてもらうんです。出資馬が大きなレースに出ようもんなら、それはもう、うれしいものです。実際、最初の出資馬がNHKマイルカップというG1レースに出ましたが、そのときは京都から東京まで夜行バスで観戦に行きました。

しかし、その馬でさえケガのために儲けることは出来ませんでしたし、その後、その馬を超える馬は現れませんでした。そんな中、土曜日の2歳新馬戦で、出資馬のリーガルアミューズ号が見事にデビュー勝ちを果たしました。久しぶりに、期待を持てる馬が出てきましたので、注目していきたいと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年07月02日 00:07 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/877

コメント

コメントしてください




保存しますか?