« 新興国投信の運用成績 | メイン | 春の散財 »

2007年06月16日

インフレリスク

株式投資など、リスクのある資産運用に対して、拒絶反応を示す人が言うことの一つとして「リスクがあるから・・・」ということがあるでしょう。しかし、破綻以外にリスクのないと思われがちな銀行等で抱える大きなリスクがあります。それがインフレリスクです。

インフレとは、物価が上昇すること。そして、インフレリスクとは、そのために相対的なお金の価値が下がってしまうリスクを言います。

例えば、たんすに1万円を大事にしまっていたとしても、物価が上昇し、ラーメン1杯1万円になってしまっては、お金の価値は20分の1になったと考えられます。これは極端な例にしても、このように寝かしていては、物価の上昇に伴ってお金の価値は目減りしていくと考えることが必要です。

もちろん、たんすと違って、銀行では利息がつきますが、銀行の金利では物価上昇に勝てないというのが定説になっています。(それに疑問を呈する人もいますが・・・)

私は、将来、インフレになると思います。金利が上昇する中、国家の負債を返すには、政策的にインフレにするしかないのではないかと考えるからです。

インフレリスクに対応するためにも、リスク性の金融商品への投資は続けていこうと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年06月16日 00:02 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/859

コメント

コメントしてください




保存しますか?