« パッシブ運用とアクティブ運用 | メイン | インフレリスク »

2007年06月15日

新興国投信の運用成績

先日、投資信託の話をしましたが、実際、どのくらい儲かっているのか、調べてみました。

私名義の投資信託の半分以上はマネックス証券での新興国系のファンドで運用しています。マネックスだけの数字ですが、これまでの購入額合計は97万円、売却額合計は48万円、現在残高は97万円です。

約50%増えているだけのようですが、実際にはファンドのスイッチング(乗換)があります。具体的には中国とインドの利益をブラジルへ、中国とインドとブラジルの利益をロシアへといった流れです。これらを差し引くと、約3年ちょっとの間に53万円が101万円に、約2倍の運用成績ということになります。

我ながらすごいです。とはいえ、自分は投信運用の天才と思っているわけでもありませんし、これからも新興国系ファンドで運用すればこれだけ儲かる、と推奨することもしません。

あくまで、これらは運よく流れに乗っただけだと思います。過去は過去として、今後については慎重に考えたいと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年06月15日 00:07 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/858

コメント

コメントしてください




保存しますか?