« サイト開設6周年 | メイン | 新興国投信の運用成績 »

2007年06月14日

パッシブ運用とアクティブ運用

株式投資信託は、大きく分けて2つに分けられます。パッシブ運用とアクティブ運用です。パッシブ運用は、日経平均やTOPIXのように、指数(ベンチマーク)に連動した動きをするもので、アクティブ運用は、ファンドマネージャーの手腕により、ベンチマークを上回る収益を目指すものです。

手数料は当然のことながら、アクティブ運用が高くなります。「手数料が1%やそこら高くても、それを上回る運用をすればいいのでは?」と思われるかも知れませんし、そのとおりなのですが、実際には、アクティブ運用とパッシブ運用の成績はそれほど変わらないというのが現状です。

ならば、パッシブ運用のファンドを買えばいいと思われるかも知れません。しかし、それなら、ETF(上場投資信託)を買えば、もっと手数料は抑えられます。

そんなこともありますので、私は、日本株式の投資信託の購入はお勧めしません。個別株式の銘柄選びができない人や、リスクを分散させたい人には、ETFをお勧めしています。

ただし、海外、特に新興国に関しては話が違います。まだ市場が効率的ではないので、ファンドマネージャーの手腕は、ベンチマークを上回る可能性が高くなります。そのため、私自身、海外ファンドはアクティブ運用のものを購入しています。

ちなみに、私が投資信託を購入しているのは、マネックス証券と、楽天証券。家内名義では、カブドットコム証券で購入しています。株式と異なり(?)、なかなかの好成績です。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年06月14日 00:07 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/857

コメント

コメントしてください




保存しますか?