« 外貨預金の衰退 | メイン | レーシック手術の不適応 »

2007年04月09日

高額療養費制度の改正

健康保険制度の改正で、70歳未満の入院時の窓口での支払いが、高額療養費制度を踏まえた自己負担限度額までになりました。

これまでは、一旦医療費の3割(年齢により2割等もあり)を窓口で支払った上で、健康保険に対して高額療養費を請求するという段取りが必要でしたが、 これが不要になります。

ただし、高額療養費制度は、所得により自己負担限度額が異なりますから、所得区分が分からないと、どうにもなりません。

支払い前に、今回創設された「健康保険限度額認適用認定証」を健康保険組合や社会保険事務所で発行してもらっておくことが必要になります。緊急入院には使えないってことですね。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2007年04月09日 00:01 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/791

コメント

コメントしてください




保存しますか?