« お年玉 | メイン | 今年の目標を振り返る »

2006年12月30日

家電量販店のポイントとの付き合い方

家電量販店では、ほとんどが「ポイント還元!」として、価格の一定割合を顧客にバックするサービスを行っています。

お得そうに見えるこのサービス、実は店にとって有利な構造となっています。

まず、割引割合から確認してみましょう。商品の価格が10,000円として、そこから10%引きの店と10%ポイント還元の店の2つがある場合、どちらがお得でしょうか。

「同じじゃないの?」と思うかもしれません。実は違います。10%引きの割引率はもちろん10%ですが、10%ポイント還元の場合、10,000円で11,000円のものが買えるわけで、割引率は1-(10,000/11,000)=9.1%です。

これは、わずかの差かもしれませんが、ポイントはそのチェーン店でしか使えず、有効期限が来ると価値がなくなります。ポイントきっちりに買い物はしないケースが多いでしょうから、次の来店時には、1,000円以上使ってしまうのではないでしょうか。

ポイントサービスの利用時には、このことを把握しておくことが大事だと思います。

そして、ポイントは、「貯めて貯めて大物を買おう」と考えるよりも、少しでも常に使い続けた方がいいと思います。(ポイント数により、ポイントの価値が変わる場合を除く)カードをなくしたり、有効期限が来てしまったら、店の思うつぼです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年12月30日 01:21 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/707

コメント

コメントしてください




保存しますか?