« 証券税制の優遇措置廃止 | メイン | スーパーのクレジットカードで節約 »

2006年12月05日

ダイヤルバンク印

以前、はんこについていろいろ書きましたが、やはり日本では、印鑑が重視される社会であることも現実。そして、印鑑を預金通帳と一緒に盗まれれば、多くの場合、身分証明を示すことなく預金を下ろされてしまいます。

そんな中、三菱鉛筆が、ダイヤルバンク印という新商品を開発しました。詳細はこちらを見ていただければと思いますが、ダイヤル番号と印面が連結しており、ダイヤルをくるくるまわすことで印面の外周と内周の模様が64通りに変化する仕組みとなっています。つまり、ダイヤル番号にて、印影を変化させることが可能となり、まるで暗証番号のように覚えていないと、正しい印影を捺すことができないのです。

お値段は1.5万円~2万円くらいと少しはお高めですが、これがあれば盗まれても預金を下ろされる確率は大幅に下げることができます。防犯上の理由から、「通帳と印鑑は別々に保管」が原則でしょうが、この印鑑なら一緒でもそんなに心配いりません。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年12月05日 00:23 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/690

コメント

コメントしてください




保存しますか?