« 楽天モーゲージ | メイン | 新生銀行の無料振込み回数を増やす裏技 »

2006年12月02日

アフィリエイトをめぐる犯罪

インターネットの通信販売で得られるポイントをだまし取るために、食品販売会社に虚偽の大量注文をしたとして、高校生が書類送検されました。報道によると。高校生は、ポイントを得るために、冷凍食品販売会社に計約216万円分の虚偽注文を繰り返したものの、代金が決済されなかったため、実際には還元ポイントは入手できなかったそうです。

ニュースでは「アフィリエイトをめぐる逮捕者は初めて」と報道されていましたが、画面にはでかでかと「GetMoney」が表示されていましたので、ここを利用したのでしょう。

GetMoney経由で買い物をすると、一定割合がポイントで還元されますが、この高校生が利用したショップの還元率は11%。2万円ちょっとのポイントを不正取得しようとして、人生に傷をつけてしまったようです。

ちなみに、説明には、次のような文章があり、今回のニュース動画へのリンクがありました。(笑)

・注文した商品を、架空の個人や、第三者に配送するといった、  悪質な悪戯は絶対におやめください。  被害者から刑事告訴された場合、損害賠償請求を受ける可能性がございます。  テレビに出る可能性もございます...

普通のアフィリエイトでも、単なるクリックを含め、無料で報酬発生するものがたくさんあります。架空注文は極端にしても、倫理が求められる場面は多いと思います。健全な発展のためにも、不正は減って欲しいものです。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年12月02日 01:22 : アフィリエイトカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/688

コメント

コメントしてください




保存しますか?