« 住宅ローンの固定期間が切れます | メイン | 生保レディとの会話 »

2006年09月04日

ネット証券各社の信用取引にかかるコスト

市中の金利が上昇していることを受け、各証券会社は信用取引にかかる買い方金利を上げてきています。ネット証券各社も例外ではありません。一方、価格競争の激化により、信用取引の手数料は下がってきています。

信用取引にかかるコストは、トータルでどうなっているのか調べてみました。条件は、成り行きで50万円を買い建てて、3ヶ月後に同額で返済するとして、主なネット証券5社の数値を見てみます。

信用取引手数料

楽天証券 472円×2=944円
松井証券 0円
イー・トレード証券 300円×2=600円
マネックス証券 1,050円×2=2,100円
カブドットコム証券 1,890円(10月以降は483円×2=966円)

買方金利(一般信用取引)

楽天証券 50万円×2.7%÷4=3,375円
松井証券 50万円×4.6%÷4=5,750円
イー・トレード証券 50万円×3.3%÷4=4,050円
マネックス証券 50万円×3.24%÷4=4,050円
カブドットコム証券 50万円×3.13%÷4=3,913円

注目すべきは、楽天証券で、9月1日より一般信用取引の買方金利を年2.9%から2.7%に引き下げました。もともと低かったのですが、さらに低くなったことになります。

手数料にあまり差が出ないのと比べると、金利分に差が出ることがお分かりいただけるでしょう。しかし、それより何より、売買タイミングにより売買代金はそれ以上の差が出ますので、これらのコストだけで決めるのではなく、注文方法など総合的な視野で付き合う証券会社を決める必要があると思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年09月04日 00:41 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/604

コメント

こんばんは。
いつも色々な情報を参考にさせていただいております。

買い方金利については改正後の数値となっているようですが、手数料に関しては古い数字のままのようですね。
松井証券では今日から一般(無期限)信用手数料は無料ですし、
イートレードでは、50万円までスタンダードプランでは200円、アクティブプランでは300円となっているはずです。
いずれにせよ、数ヶ月単位で信用取引をするなら、手数料よりも金利負担も考えねばならないかもしれませんね。

投稿者 中村 左馬 : 2006年09月04日 21:51

コメントありがとうございます。確かにおっしゃるとおりですね。参考にしたデータが少し古かったようです。

今後気をつけたいと思います。ありがとうございました。

投稿者 えくす : 2006年09月05日 00:15

コメントしてください




保存しますか?