« スパム対策 | メイン | 三井住友海上も業務停止 »

2006年06月20日

日経平均プロフィル

オリックスのメールマガジン「なるほどMONEYメール」で、「日経平均プロフィル」が紹介されていました。このサイトでは、過去の日経平均の推移を調べることができます。ちょうど株価が大きく下げていることもあり、このメルマガでは、過去の下落率の上位とその原因を紹介していました。

 <日経平均の下落率が高かったもの>
 1位 1987年10月20日 終値 21,910.08円 -14.90%
    ブラックマンデーと呼ばれる、米国の株価暴落を発端に世界同時
    株安をもたらした出来事。日経平均は3,836.48円も下落した。

 2位 1953年3月5日 終値 340.41円 -10.00%
    「スターリン首相重態」を受け、軍需関連株を中心に売り物が
    殺到し、株価大暴落を引き起こした。終値が340円、という
    ところに時代を感じますね。

 3位 1970年4月30日 終値 2,114.32円 -8.69%

 4位 1971年8月16日 終値 2,530.48円 -7.68%
    ニクソン米大統領によるドルの金交換停止などを柱とするドル防衛
    強化策発表を受け、日経平均が下落。

 5位 2000年4月17日 終値 19,008.64円 -6.98%
    米国の株価下落と、国内の通信関連株の先行き不透明感が強まった
    ことで日経平均が下落。

   (以上、データは「NIKKEI NET 日経平均プロフィル」より)

私が経験した一番の下げは5位の2000年4月の暴落です。確か、このときは、日経平均の採用銘柄の変更が発表され、削除銘柄が非常に多かったことから、それらが一斉に売られたことも大きな要因だったように記憶しています。この日経平均プロフィルで調べてみますと、30銘柄も変更したとのこと。

それまで、私は非常に調子よかったのですが、この日に始まる下げに対応できず、どんどん含み損を増やしていきました。昼のニュースを見て愕然としていたことを昨日のことのように覚えています。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年06月20日 00:30 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/544

コメント

コメントしてください




保存しますか?