« リンクシェア大阪アフィリエイトセミナーに参加します | メイン | 個人賠償責任保険 »

2006年06月02日

道路交通法改正

6月1日から道路交通法が改正されました。内容には、運転中の携帯電話使用に反則金が追加されたことなど、いろいろとありますが、特に注目されているのは、駐車違反に関する内容です。

駐車違反に関する内容の中でも、一般的には短時間車を離れただけでアウトになることや、民間委託が注目されていますが、私が一番注目しているのは、管理者責任の強化です。

管理者責任の強化により、放置違反金という制度が新たに制定されます。これにより、運転者が反則金を収めない場合、管理者(車検上の持ち主)が同額の放置違反金を収めなくてはなりません。そして、その場合には管理者は違反点数がつきません。

つまり、持ち主が駐車違反をした場合、反則金の納付を無視し、放置違反金を納めたほうが得なのです。この仕組みが普及するにつれ、反則金の納付は激減し、放置違反金の納付への流れができることとでしょう。

これまでの反則金の入る先は国庫(その後都道府県と市町村に配分)、放置違反金の入る先は都道府県。上の流れが定着すると、駐車違反を取ればとるほど、警察(=都道府県)は儲かるのです。大阪府など、懐事情が苦しい都道府県は、赤字財政の健全化を図るため、民間をフル活用し、駐車違反を取り捲ることでしょう。

うれしいような、かなしいような。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年06月02日 00:53 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/530

コメント

コメントしてください




保存しますか?