« 楽天カード通信 | メイン | ガソリン価格の高騰 »

2006年05月23日

ジョインベスト証券は成功するか

”ガリバー”野村證券が、重い腰を上げて、ネット証券子会社を設立し、近く営業を開始します。その名もジョインベスト証券。joy、joinとinvestをくっつけた造語で、投資の世界への参加を促す名前となっています。非常に注目されていますが、成功するでしょうか。私はそれほどの大成功はないと思います。

なぜ、そう思うかというと、特に目立つところがないからです。いろいろと注目されているのは、2点、野村證券(正確には野村ホールディングス)の子会社であることと、手数料が業界最低水準であることですが、これらは成功の鍵になりうるとは思えません。

まず、野村の子会社であることですが、これ、実はジョインベスト証券では売りにしていません。公式サイトを見る限り、会社案内にしか書いてありません。野村のイメージで捉えられたくないのだと思います。それに、野村の顧客網を利用して口座開設の勧誘をするわけにもいきません。野村の顧客がジョインベストに流れると、グループ全体では、売り上げ減の要因になるからです。

また、親会社が大きいからと顧客に支持されるわけではありません。かつて、東京三菱銀行はMeネット証券という、ネット証券子会社を持っていましたが、それほどの成功は収めることはできず、UFJ銀行との合併の中でカブドットコム証券に半ば吸収のような形で合併しました。証券大手では、日興コーディアル証券グループの日興ビーンズ証券もマネックス証券に半ば吸収されました。

次に、手数料が安いことですが、追随するように各社が値下げを発表し、もはや手数料では特に目立つとは思えない状況になっています。

この会社は、初心者を対象にしていると思いますが、注文方法(逆指値など)、情報サービスなどにおいて、特に初心者に優しい構造になっているとは思えません。今のサイトも、フラッシュを多用し、正直いらいらするようなサイトになっています。

これらの要素から、大成功はしないと予想しています。果たして、予想はあたるかどうか。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年05月23日 01:06 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/522

コメント

コメントしてください




保存しますか?