« SEO対策 | メイン | 大阪観光にお得なチケット »

2006年05月01日

FP的なものの考え方

Yahoo!知恵袋などを見ていると、適切なアドバイスもありますが、そうでないものも多いです。たとえば、

Q.「今後、金利は上がるでしょうか? 短期固定の住宅ローンは避けるべきでしょうか」
A.「バブルみたいになるわけはない。金利は上がるかもしれないけれど、低金利の3年間に残高も減るし、問題ないのでは?」
A.「いやいや、金利はきっと上がる。10年くらいは固定しておいたほうがいい。」

私に言わせれば、金利は大きく上昇すると思います。景気回復云々ということもありますが、過去の住宅ローン金利、海外の現在の住宅ローン金利を見るにつけ、今の国内の低金利は異常であることを知っているからです。こと住宅ローンに関しては、5%を下回っているのは、低金利であるとの認識が必要です。2~3%が普通と思ったら大間違いです。

また、35年ローンで考えると、「低金利の3年間」にどれだけ残高が減ると思いますか? 金利1%では全残高の7%、金利3%では残高の5%しか減りません。長期固定と思われている10年でも、金利3%とすると、残高は2割も減りません。固定しているのは2割に過ぎず、8割以上の残高は10年後の金利任せという、リスクの大きいものなのです。

Q.「貯金がたくさんあるので、住宅ローンを全額返済したほうがいいでしょうか?」
A.「死んだら、団体信用生命保険でローンがチャラになる。完済翌日に死んだらもったいないので、残しておいたら?」

確かにそれは言えなくもないですが、同じ額を一般の生命保険でもらおうと思ったら、利息の10分の1の保険料で済みます。(貯金を運用したほうが儲かるとか言うことを無視すれば、)どちらがもったいないかは明らかです。

私はFPとして、「なんとなく」「イメージで」アドバイスをしないようにしています。根拠の提示や、シミュレーション、他の金融商品の提案などにより、 ベストな選択肢を選ぶ手助けをしたいと考え
ています。そのような考え方が、FP的であると考えています。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年05月01日 00:31 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/507

コメント

知恵袋の質問程度の個人情報では、一般論で回答するしかないのでは?

FP相談で課金してるならともかく、無料情報ならあの程度の回答でも十分ですよ。

仮に有料サービスでも金利が上がる等の未来を予測するような質問は、複数シナリオを提示して自己判断してもらうしかないです。


投稿者 いちFP : 2006年05月01日 22:49

そうですね。おっしゃるとおりだと思います。

ところが、何らの根拠を示さずに予想を語り、その予想どおりになるとどうなるのかを説明せずに結論を書いている人が非常に多いです。私が回答するときは、数値データを示し、各人の判断の一助になるように心がけています。

私は、有料のコンサルを行っていませんが、するとしても最終的には自己判断にゆだねるでしょうね。先日も確定拠出年金のファンドのバランスについていろんな人に聞かれましたが、結論は示さずに、「こう予想するならこれ」などと回答しました。

投稿者 えくす : 2006年05月03日 00:48

コメントしてください




保存しますか?