« 日経マネー投資力検定 | メイン | 結果論 »

2006年04月26日

オリックス証券も大幅値下げ

先日の松井証券の値下げに引き続き、オリックス証券も5月15日からの大幅値下げを発表しました。 概要は次のとおりです。

①1日定額コースに『約定代金50万円まで手数料315円』を新設
1日定額コースは現物取引、信用取引、市場、取引回数に関係なく、1日の約定代金合計で手数料が決まります。今回、50万円まで取引回数に関係なく315円で取引できるゾーンが新設されました。これにより、低位株などを頻繁に取引する場合、大幅にコストダウンできます。

②約定ごとコースの下限手数料を735円から315円に値下げ
約定ごとコースは、手数料率は変わらないものの、下限手数料が735円から315円まで大幅値下げとなりました。1回の約定代金が70万円以下の場合、最大で57%値下げとなります。成行注文の0.105%だと、約定代金30万円の場合の手数料は315円で済むことになります。なお、指値の場合の手数料率は、0.126%です。

オリックス証券のうれしいところは、この2つのコースを3営業日ごとに切り替えられることです。毎日売買する場合は、そうもいきませんが、事実上、都合のよい手数料体系を選べるということになります。

注文機能で、逆指値がないのが痛いところですが、それ以外は、連続注文、乗換売買などの機能も魅力的です。口座開設者を対象に、オリックスバファローズのエグゼクティブシートがあたるキャンペーンも始まっています。口座開設を考えている場合には、今がチャンスかもしれません。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年04月26日 00:23 : 株式カテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/504

コメント

コメントしてください




保存しますか?