« 電気シェーバー | メイン | 気分は北海道 »

2006年04月18日

アイフル事件に思う

消費者金融のアイフルが、強引な取立てなどの違法行為が原因で業務停止になりました。テレビでもやっていましたが、ヤミ金顔負けの迫力での取立てが印象的でした。許される行為ではないでしょう。でも、もうひとつ軽視してはいけないことがあります。

借金を返さない人ってどうなんでしょうか?

すべての利用者が「ご利用は計画的に」行い、ちゃんと返済していれば、取立てなんてされません。グレーゾーン金利などの問題もありますが、金利が高いのは貸し倒れる人が多いためで、みんながちゃんと返済するのであれば、顧客獲得に”低金利競争”が起きてもいいくらいです。

本当に生活が苦しければ、返すあてがないわけですから、サラ金を利用してはいけないでしょう。また、「たまにはババンと」遊ぶ金や、チワワなどの高級ペットを買う金、ギャンブルに使う金をサラ金から借りてはいけないでしょう。すべて、少し我慢すれば貯められるはずです。もし、貯められないのであれば、借りても返済できないはずです。

私は、消費者金融の一番の罪は、安易にお金を借りれるようなCMを流し、まともな審査もせずに返せない人にお金を融資することではないかと考えています。それが、罪作りな「借金を返さない人」を生み出し、今回のような強引な取立てにつながっていると思うのです。

強引な取立ての禁止や、金利の引き下げだけを行い、「消費者保護」「借り主保護」とするのは、本質的な解決につながらないと思います。また、そんな消費者金融に、日本を代表するメガバンクが資本参加していることも、大きな問題だと思います。

管理人運営サイト
FPえくすの豊かな節約生活研究会
FPえくすの住宅資金&住宅ローンガイド
FPえくすの保険の見直し
FPパパの出産・育児とお金の教室
格安旅行術
0からスタート!アフィリエイトビジネス研究会
強度近視からのレーシック
乗馬初心者のための乗馬入門
小学校低学年の勉強法

投稿者 えくす : 2006年04月18日 00:29 : マネーカテゴリの他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fpex.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/498

コメント

コメントしてください




保存しますか?